オウンドメディアについて

近年良く使われているオウンドメディアをうまく活用する方法について、説明しているサイトです。
そのオウンドメディアについて着目点を変え説明します。
オウンドメディアの定義付けとしては、自社所有の広告媒体です。
ホームページやブログ以外にも、広報誌や冊子のような媒体も含みます。
一気に加速した皆様もご存じのようにフェイスブックや、ツイッターなどのSNSの普及に伴い、企業とユーザーの接点が多様化の時代に入りました。
この中でこういったメディアを統合し企業評価の相乗効果を高める役割を担うのをオウンドメディアと呼んでいます。

定義付けの部分で、自社媒体とありますが、広告宣伝ではスペースの問題や、紙媒体などを使用するため、思っていることがユーザーに伝わりきらない部分が多々あります。
この伝えきれない部分の補完を行ったり、SNSでは、広告ほどの字数制限はありませんが、即応性が必要です。
デメリットとしては、真意を伝えきれないと言う部分があります。
こういった手の届かない部分をしっかり補い、より高い信頼性を持つことが出来ます。

まとめると、オウンドメディアとは、SNSや広告を補完し、より高い効果が見込めます。
ユーザーの視点から見る記事や広告によって、リピーターの獲得が見込めます。
ユーザーの評価が上がってくることで、記事にも高い評価が課せられ、インターネット上の検索ランキングが上位へと上がってきます。
こういった自社媒体発信からユーザーへ向けてのコンテンツが対象となります。
現状のホームページがユーザー視点に向けられて作られているのであれば、それほどオウンドメディアを意識しなくても問題ありません。

Copyright © 2014 オウンドメディアの定義 All Rights Reserved.